PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

背筋がゾッとするお話(後編)

さてさて、今回もこういうお話が苦手な方は素通りしてください^^;

でも、見てみても平気かも? どうかな??


でわ、つづきでーす。


つづき


その日は何も無く過ぎていった。頭の片隅にはあの白い物のことがチラついていたけど、なるべく忘れるように努力して過ごす。まぁ寝るときとかはなかなか頭から離れないんだけど、なんやかんやしてる間に眠っていた。

結局その日から数日、ずっと気にしてた訳でもなく、いつのまにか忘れかけていた時、また同じ道を走ることになった。しかも今度は1人。
いやでも、あの場所に近づくと嫌でも思い出す訳で。見ないように、あのバス停は視界から外すように、と思ってもやっぱり見てしまうのが人間。視界に入ったバス停には…



またいるよ…orz

あの時の再現。また背筋が凍る思いをしながらも、あきらめ半分でもう一度しっかり見てみた。









あれって…   ちゃんと存在している物では?

やはり、ある程度の速度で走っているので凝視はできずに通り過ぎてしまいましたが、しっかり見てみると、いわゆるこの世の物じゃないような雰囲気には見えません。確かに真っ白で、上半身は人の形。女の人っぽい。で、下半身がなんだか微妙な、「うにょ(?)」としてる。
この時点で、怖さ半分疑問半分の微妙な気持ちのまま、出先の用事を済ましまた同じ道を引き返してきました。そして例の場所に差し掛かる時、今度は真っ暗な時間帯。見難いけどできるだけしっかり見ようと、事前から心の準備をして、バス停を見ます。



いない…(((( ;゚Д゚)))

やっぱりこの世の物じゃないモノだったのか?! けど、昼間のあのやたら現実味のある雰囲気はなんだったのか…。この日がきっかけに余計に混乱して、気になって気になって仕方なくなりました。

時は流れ…。そんな主要道路なのに数年間その道を通る事が無く、不思議な白い物のことも忘れていました。そんなある日、唐突にその事を思い出し、そして謎が解けたのです!


つづく



としたら怒られそうなので^^;一気に謎の真相に!!

その頃には私は結婚もして、娘もいました。ある休日、近所の(といっても車で1時間)水族館へ行くことになりました。家族で車に乗り、楽しいお出かけ。娘は初めての水族館なのでよろこんでくれるかなぁ、なんて考えながら目的地に向かいました。
もうすぐ到着と言うところで思い出しました。そう、その水族館はあの白い物が出るバス停のすぐそばなのです。『そういえば…』と私も思い出し、いい機会なのでそのバス停を調べてみることに。
と、いうか駐車場から水族館に入るまでの間にそのバス停があるので、嫌でも見ることになるのですが。
そのことは妻にも話さず、車を止めてそのバス停に向かいました。人がたくさんいます。『まぁ、この人ごみの中にはいないだろう』と安心していた私はドキっとしました! 遠目でも分かるくらいはっきりと、その白い物がいるのです。しかも目に飛び込んできたのは、なんと!

その白い物に子供が数人抱きついている映像が!

もう、お分かりですね。 そう、それはバス停に置かれたマスコットのような置物でした…。ちゃんと現実に存在していますorz 私も触りました…。うちの子もなぜか抱きついてました λ.....

要するに友人Aにまんまと騙されたわけですorz

もう少し詳しく説明すると、真っ白なそれは人魚さんでした。岩の上に座っている人魚。なので上半身が女性で、下半身が「うにょ」だったわけ。

って言うか色塗れよ!紛らわしい!

さっそく友人Aに電話。数年も経っているので、騙した本人も忘れていました…。まぁひっかかった自分が一番情けなかったわけですが…。
まぁ、数年にわたる疑問が晴れたのでそれはそれで気分もいいわけなんですけどね(´ー`)

さて、するどい読者の方(誰だ)なら1つ疑問がのこっているはず。
そう、2度目の遭遇時の帰り、行きは居たのになぜ帰りの夜にいなかったのか。
それは…



ほんとに、その時は無かったらしいんです(笑)
人魚さんの近くに書いてあったことなんですけど、なにやら誰かのいたずらで壊されたか、持ち去られたかしていたらしく、私が家族で見た人魚さんは2代目らしいんですよ。ようするに私は先代の人魚さんの最後の目撃者の1人なわけなのです!


おしまい チャンチャン♪



本気で怖い結末を期待していた方、ごめんなさいm(_ _)m
笑って許してやってください^^;

関連するタグ :

| 怖い話 | 13:34 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

!!( ̄□ ̄;)人(; ̄□ ̄)( ̄□ ̄;)人(; ̄□ ̄)!!

この世のモノでよかった・・・。

| クリロド | 2005/06/14 14:07 | |

おもしろかった!(笑)(^-^)

私は自身には霊感の類は鼻毛ほどもないのですが(幽霊とかUFOとか見たいと思っているのにただの一度も見たことない)、このテの話が大好きで_(^^;)ゞ

これまで生きてきて不思議な体験というと、金縛りが一回、幽体離脱的なもの一回、夢とも現実もつかない夢が一回、くらいですね。

あー幽霊見たい(^_^; アハハ…

| chihiro | 2005/06/14 14:50 | | ≫ EDIT

面白かったですう(≧∇≦)/
ワタシも怖いのは全くダメなのですが、
大学生の頃、六甲にお化け探しツアーによく行きました。

でもほんと、この世のものでよかった(;´・`)>フゥ...

ワタシも出産してから金縛りにあうようになったんですよ。
気がついてくれないダンナを恨んだものです(*≧m≦*)ププッ

| りぷりぷ | 2005/06/14 16:38 | |

>クリロドさん
しっかりこの世のモノでした~^^;
実物の人魚さんの顔はかわいいと言うには微妙でしたけど(笑)

>chihiroさん
楽しんでいただけましたでしょうか(^^ゞ

私自身この手の話は苦手です>< なので勘違いでビクビクしてしまうことが多々あります…。

金縛りってのはありますね。でも霊的なものかどうかは微妙ですねぇ。単純に寝ぼけてたのかも。あと幽体離脱って実際どんな感じなんでしょ? 私最近はないんですけど、学生の頃は幽体離脱”しかけ”たと実感したことが何度かあるんですよね^^; よく分かりませんが。

chihiroさんのとこに幽霊さんが出ますように(-人-;)

>りぷりぷさん
六甲ですか! あそこはほんとに心霊スポット多いですよね。知人が結構遭遇していましたよ~。コワイコワイ

でも、女性の方って結構好きですよね?こういう話^^;

出産してから金縛り…。うーん、なんででしょうね?? 不思議です。
隣で金縛りの場合。私も起きない可能性大かもしれないです(笑) だって、声も出ないんですよね? 私きっと気づかないだろうなぁ…(^^ゞ

| chitose | 2005/06/15 09:32 | | ≫ EDIT

{{ (>_<) }}  ひょぇぇぇぇ と思って読み進め
後半は読まないでおこうかなーって思ったけど
読んでよかった~(笑)
ほんと、人形の類は怖いです。(^^ゞ

前、東京に住んでいた頃
近所に理容師さんの卵がすんでいて
生首(カット練習用の、毛のザンバラ状態のあれです)が窓のところにずらり。
それだけでも怖いのに
時々、ゴミとして出されていて
(゜ロ゜)ギョェっ!

いやはや。
ま、どちらも、ほんとにこの世のものでよかったです^^

| 白湯 | 2005/06/15 11:14 | | ≫ EDIT

この世のものでしたかっっ!
ってか、お友達Aさん。ナイスです!
数年間に渡り騙されてたChitoseさんきゃわいい~ッス。

| さくら | 2005/06/15 12:59 | |

>白湯さん
読んですっきりしましたでしょうか?(笑)

カット練習用生首…。怖すぎ>< しかもゴミで出されてるのに遭遇したら…。速、逃げます(笑)
私マネキンとかも苦手です~。目がやたらとリアルな作りの物はちょっと怖いんですよね。「ギョロ」っと動いたらどうしよう(((( ;゚Д゚))) とか思います^^;

>さくらさん
全然ナイスじゃないですよ>< 嫌いなの知っててこんな引っかけするんですよ~。まぁ男のくせに~とか言われそうですけど…。

実は違う友人に同じように引っかけようと仕組んでみましたが、速攻で「は?あれ人形やん」と言われました…。
もしかして騙される私がおかしいのかも知れません…orz

| chitose | 2005/06/15 13:59 | | ≫ EDIT

ギャーーー!\(>◇<)/
ある意味こっちの方が怖いですよ!

人形、ダメですー。
アカはフランス人形で火のついたように泣き出し、アオは毎年ひな祭りの日は熱を出す…という、二人ともなんともかわいげのない「幼少時代」を送りました。

ちなみに人形嫌いの人間を震え怯えさせ行事(?)が長野にはあるんですけど…聞きたいです?

| アザラシーズ | 2005/06/16 09:17 | |

>アザラシーズさん
おっと、これはまた違った反応ですね(笑)

人形がダメなんですねー。私も好きではないですけど、泣き叫んだり熱出すほどではないです^^; つらい幼少時代をすごされたんですねぇ;; で、今でもダメなんですか?人形。

そ、そんな仕打ちをする行事があるんですか!? ぜひ教えてください!

| chitose | 2005/06/16 14:30 | | ≫ EDIT

まぁ、chitoseさんってばチャレンジャー。
それでは遠慮なく二つあるうちの、ひとつめから。

七夕雛ってご存知ですか?
いわゆる織姫と彦星を雛人形にたとえて、ひな祭り七夕バージョンってやつです。
この人形がだいたい、1メートル2,30センチくらい、つまりかなり大きめなんですが、これ、どこにどうやって飾ると思います? 
なんと、首から縄つけて家の軒先に飾るんですよ。 
怖いですよ~。 想像してください。 七夕近くになると、あちこちの家の軒先に子供くらいの大きさのものが、二体、ぶら~り。 夜は目を開けて住宅街は通れません。

ふたつめ。
長野にはその昔、栗で大成功した豪商がいたんですが、今はもうそのおうちは資料館みたいになっているそうです。
で、ここにある一部屋がまたスゴイ。
部屋中に所狭しと置かれる、すごい数の日本人形。 大きさ的には3歳児くらいで、かなりリアルなんだそうです。
何に使われたかったいうと、その豪商のおうちで子供が生まれるたびに、そっくりの人形をつくって、身の回りのもの、つまり洋服や髪飾りやらも、二つずつつくって、子供と人形にまったく同じ格好をさせたのですって。
つまりは子供の厄除けなのですが…。
そんなでっかい日本人形が山ほどいる家なんて、ぜったい!ヤダ!!

いかがでしたでしょうか?
ある意味、怪談より怖い話です、アザラシーズには。
ちなみに二人とも、人形は未だにだめですねぇ。
2X年出してない雛人形、どうしようか、本気で困ってます。

| アザラシーズ | 2005/06/17 08:48 | |

>アザラシーズさん
ウワーーーーー。゜(゚´Д`゚)゜。
き、聞くんじゃなかったかもー>< 怖すぎるお話ですね…

人形館は入らなければいいかもしれないけど、首吊り巨大雛はダメ! その辺で見かけるのは決してダメです!
というか、そういう風習とかって意味分からないものが多いですよね。そういうのも大事なのかも知れませんが…。

うちも子供がいるので、兜と雛人形は出しますけど、以前ほどの不気味さは感じなくなりました^^; 子供が喜んでますしね。けど娘の初節句の時に親戚から頂いた「市松人形」 典型的な”髪が伸びそう”人形でこれだけはダメです;;

さぁ、アザラシーズさん方の雛人形は日の目を見ることはあるのでしょうか!?(笑 エナイカ)

| chitose | 2005/06/17 10:05 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chitose.blog5.fc2.com/tb.php/135-a473f0d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。