PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嫁さん退職

以前の記事で暗礁に乗り上げていた嫁さんの仕事ですが、結局退職することになりました。というかしました(^^ゞ

気分屋さんなお姉さん(人事担当の方)は、その後のお話では納得してくれたようにしてたみたいですけど、結局同じことの繰り返しでした。「休まれると困る」の一点張り。いや、もう分かったから…。
と言う訳で、嫁さんは「次の新しい人が入って仕事も覚えて落ち着いたら辞めることになってもいいです」と言うことを話したんだけど、それもダメだって。

「うちはそういう理由で従業員を辞めさせるような薄情の事はしません」

的なことを言われたらしい。

ハ?(;゜д゜)・・・

そんなこと言うくらいならもうちょっと”理解”てものを頼みます…と思って、話した嫁さんによくよく聞いてみると。 
新しい人は入れるけど、嫁さんの籍はそのまま置いといて忙しい時だけ来いと。要するに飼い殺しですね。これってどうなん?
休みまくったこっちとしては勝手な言い分だと思うけど、毎日ちゃんと就業しているってことじゃないとダメなんですよ。保育園への申請はあくまで「働いてるから預ける」って条件なんで。それにお金の面だって嫁さんの収入を当てにしてる分もあるし、仕事がないときはずーっとお休みで、いつ呼び出されるか分からない状況ではどうにもなりません。

夫婦で話し合って、そういうことをやんわりと伝えたところ…

「そんな勝手な言い分が通るとおもってるんですか?」
「収入も大事ってそんなけ休んでるのに生活できてるんでしょ?」

だって。またまた ハ?(;゜д゜)・・・

こういうもんなんですか?パートの扱いって。ちょっと私の方が憤ってしまって、「そんな会社止めてまえ!」となってしまいましたが、嫁さんは「様子見てみる」と。でも辞める意思はやっぱり伝えるってことでもう一度電話。
最終的には「新人さんが決まって落ち着いたら退職」ってことになったようです。
数日後、子供達も嫁さん自身も体調が回復したあと、出社することにしました。

ところが。

電話で「明日から出勤できます」と電話を入れると、

「は?やめるんじゃなかったんですか?」

だと。
実は、すでに嫁さんの代わりの新しい人が出勤していて(面接に来ていたのは同僚さんからのメールで嫁さんも知っていました)、用済みだったってことだったらしいです。この前の電話では、「新しい人が決まったら連絡入れます」って約束だったのにね。
いいかげんな事ばっかりで嫁さんはもうしょんぼり。
「まぁ、もめることなく辞めれたからよかったわ…」と言ってました。

結局そのまま辞めました。
いろんな意味で今回は勉強になったと思う。結局子供が小さい主婦がパートとは言え、毎日働くってのはよほど回りの環境が整ってないと無理ってことですね。次に仕事を見つけれたとしてもきっと同じような事が起こって辞めざるを得ない状況になりそうです。
ほんと子育てに厳しい世の中。少子化も納得ですよ。

現在、嫁さんは日々専業主婦と数箇所の病院通いに明け暮れてます。
今回の保育園への申請は済んでいるので、次年度までにまた仕事の事を考えないといけないんですけど、今はゆっくり休んで体調を整えてほしいですね。

ほんと、主婦って大変だわ…。


関連するタグ :

| 思うこと | 12:35 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

奥様大変でしたねe-263
憤っちゃいましたよ!私。
なんだ!それ!e-262
頑張ってこられただけにガッカリですね。

奥様の体調の回復お祈りいたします。
子育てに厳しい世の中ですが、大切な宝物の為に
次は職場に恵まれると良いですね。

| さくら | 2006/02/28 17:00 | |

なかなかに難しい話題ですね。

私も同じような経験ありますけどね、こういっちゃなんですけど、雇用している側にしてみれば、働く側の心意気だとか仕事に対する意気込みとかはまったく関係ないですからね。単位時間で所定の労働力を発揮してくれてればそれでいいと。これは組織が大きくなるほどにそういう傾向が強まると思います。よほど仕事そのものに思い入れがないのであれば、拘束時間に対する代償(賃金)はどこもそうは変わらないはずです。きっとそこは奥様には縁がなかった職場だったのでしょう。時が経てば、きっとまた新しいところで気持ちよく働ける機会が得られると思います。お気落とし無く、滋養に努められましたら、また新天地でのご活躍をお祈りいたします。

| chihiro | 2006/02/28 18:28 | | ≫ EDIT

*さくらさん

ほんと去年に仕事が決まった時の安心感を思い出すと余計にガックリ来ちゃいますよ…。 
こういっちゃなんですけど、前の職場の仕事自体は彼女に合ってたのでそれが残念ですね。
体調の方はぼちぼちですね。今は休める時に休んでるみたいなんで。まぁお金が無くなって食にも困るようになるまでに仕事が見つかればいいかなと(笑)


*chihiroさん

そうですね。きっちり歯車として動けばそれでいいんでしょう。従業員の事情はお構いなしな所はどこにでもあると思います。ただ、大きい会社になるとそれだけ予備の人もいて一人に乗ってくる負担って意味ではお気楽なのかなぁとおもったりもしますけど、ほんと職場によりますね。
従業員を構わずに仕事を続けて行くことのしっぺ返しを後で思い知るがいいわ! なんて思ってます(笑)

まずは体から。と思ってますがこれがなかなか^^;
微妙な症状って全快するのはむずかしいんですよね~。多かれ少なかれみんな悪いところをかばいながら生きてるんだから妥協も必要でしょうね。

| chitose | 2006/03/01 12:02 | | ≫ EDIT

会社側の求める人材が子持ちの主婦と異なることはよく分かりますが
だったら雇用しなければよいわけで。
言うことに一貫性がないことが問題ですよねぇ。
団塊の世代が抜けたら多少は状況は変わるのでしょうか。

兎にも角にも振り回されてしまって大変でしたね。
奥様もchitoseさんもお疲れ様でした。

| みゑこ | 2006/03/02 11:03 | | ≫ EDIT

*みゑこさん

結局いい条件の人材はそれなりに需要があっても、嫁さんのような環境の人には厳しいんでしょうね。会社側にしたら「いい条件の人がいないから、仕方なく採用」って感じなんでしょうね~。なのでどうしても入れ替わりのサイクルが早くて、適当な事言うのにも慣れちゃうんでしょう。
時間が経てばまた環境も変わるんでしょうかね~。

でも、ほんといい勉強にはなりましたよ。
次の職場に活かせたらそれでOKですね^^

| chitose | 2006/03/03 10:36 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chitose.blog5.fc2.com/tb.php/316-d7cf349e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。