PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子供達の勘違い

昨日はすんなり仕事から買えって8:30頃。
家に着いて車を止めて、ふとリビングを見ると息子がカーテンのすき間から覗いてる。手を振って玄関を開けると…

いきなり子供達がリビングで大泣き状態!

んん?? なんかあった?お母ちゃんの雷でも落ちたんか?
と思ってリビングに入ると子供達だけ。ヒックヒック泣いてる。

私「どないしたん?なんで泣いてるん?」
娘「ヒック、お母ちゃんがな、ヒック、車でな、ヒック、動かんくて出てこうへんねん…
私「えぇ!?」

びっくりしました。
ずーっと体調がすっきりしないままだった嫁さんなので、疑う事も無く車に直行。鍵を開けて中を確認。  
居ない…。

私「お母ちゃんおらんよ?!」
娘「だっておうちに入って来てないもん… ヒック
息子「お母ちゃんな、しんどくてな、動けんねん…

どうなってる!? 家の外で倒れてるのか?
とりあえず家の回りを一周。 やっぱり居ない。トイレ?風呂?二階?全部探したけど居ない…。

この時点で私の頭の中は悪い方へと加速。
『まさかなんかの事件にまきこまれた?! そう言えば玄関の鍵も開いてたし…』
もう止まりません。とりあえず泣きつづける子供達を落ち着かせていた時、唐突に思い出しました。

ん?待てよ? 今日って公民館の掃除じゃなかったっけ?

私「お母ちゃん、お掃除行くって言ってなかった?」
娘・息子「言うてた
私「じゃぁまだお掃除から帰ってないんちゃうの??」
娘「でも車あるで。Uくんお母ちゃんが車におるって言うてた
息子「お母ちゃんなきっとな車のな見えへんとこにおるねん

ここで玄関が開いてお母ちゃん帰宅(笑)

その後みんなで話してようやく謎が解けました。

まとめると

・子供達はお母ちゃんは車で掃除しに行ったと思ってた
・息子がトイレに行きたくなる。
・お母ちゃんの帰りを待っているのになかなか帰ってこない
 (息子はトイレ自体は1人でいけるけど、うんもの確認のため一人で流さないように言ってます)
・焦った息子が玄関から外を見た→「車があるΣ(゜口゜」
・「車あるのに!お母ちゃんが!」息子テンパってお姉ちゃんに報告
・車があるのにお母ちゃんは家に入ってこない。→お母ちゃんしんどくて動けない
・自分たちは車の鍵開けられない。→パニック!



と、こんな感じだったらしいです(^^ゞ
帰ってきて普通なお母ちゃんを見て子供達は「あれ?」って顔してましたけど、説明して納得した模様。
娘には何かあったら電話するように言ってあって、嫁さんの携帯には掛けられるはずなんだけど、「車の中でお母ちゃんは動けない」と思い込んでた娘は掛けられなかったみたい。
一番の勘違いの元凶は「車で行ってる」と思ってた事と、息子の報告だ(笑)
よくよく聞くと
車があるからもしかしてお母ちゃん車の中におるんちゃう?
ってお姉ちゃんに言いたかったらしいんだけど、実際は
お母ちゃん、車でうごかへん!
だったらしいので(^^ゞ いいかげんにちゃんと日本語しゃべってよ…orz

まぁ一番悪いのは親ですね。
家に子供だけで居させる事は危険なのは十分承知してるんですけど、地区で当番制で回ってくる掃除なので行かないわけにはいかず、どうしようもないんですよね。それでも嫁さんの話では周りの方が気を使ってくれて早く帰らせてもらったらしいんですけど…。

いやぁ、久々に焦った焦った。
ほんとに嫁さんが倒れてたら、もしくは何かの事件に~なんてなってたらえらい事でした…。

関連するタグ :

| 家庭・家族 | 14:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まとめを読むまでドキドキでしたっ!
あーぁ何事もなくてよかったぁ
すごく心細かったんでしょうね。
ホント良かった良かった。

| さくら | 2006/03/01 15:16 | |

ああ、とりあえず何事もなくてよかった~。

ウチのへんでは町内会の集いが毎月決まった日の20時からで
ワタシも子供が大きくなるまでは断ってましたが、
そう学校に上がる頃に、「もう留守番させれるやん」といわれしました。
でもダンナにはその日には早く帰ってきてもらって、と
実際は大変でしたよ!
ワタシは夜中にダンナが迎えに来てといってきても
必ずムスメは連れて行くので、もういやだー!と思ってましたが、りぷちんが加わった頃にダンナは自力で戻ってくるようになりました(爆)
今時、留守番も怖いですよね~。
でも仕方ないこともたくさんあって・・・
もどかしいですよねえ。

| りぷりぷ | 2006/03/01 16:16 | |

(´▽`) ホッ 何もなくてよかった~

で、何もなかったことを念頭に
読み返すと
子供たちのかわいいこと。(*´∇`*)
お母さんのこと、お母さんが最近どこか痛がっていること
子供たちなりに、すごく心配して
あれこれ考えていたんですね~

| 白湯 | 2006/03/02 00:40 | | ≫ EDIT

息子さんの勘違い、かわいすぎます!
心配で心配で居ても立ってもいられなくなっちゃったんでしょうね。

地域の仕事は・・・なかなか若い世代のことを考慮してくれないですよね。
うちの方はリタイヤ世代が大半を占めるので
尚更、働いていて乳児がいる家のことを想像できないようです。
あと1ヶ月で班長からも解放されるのでもうしばらくの辛抱なのですが
何のための自治体なのだろうかと首を傾げるようなことばかりです。

| みゑこ | 2006/03/02 10:55 | | ≫ EDIT

*さくらさん

きっと子供達ははじめての経験だったと思います。以前もおなじように掃除はあったけど、誰かに預けたり私が早めに帰ったりしてたので。
まぁそれだけいろんなことを考えるようになってるってことですね^^;


*りぷりぷさん

田舎だから大丈夫。とか、もう関係ないのにこういう環境に置かれるのはつらいっす>< 何が起きたって誰も責任とってくれないくせにやることはやれって言うのはただの負担でしかないのにな~と思います。
家族内では色々気を使って最善の方法を取れても、結局周りには振り回されるんですよね~。一番むかつくのは母屋の(父)親。子供らだけで留守番することになるっていう危機感がさっぱりないもんだから。昔の人は仕方ないのかな。


*白湯さん

確かに子供達にとっては嫌な思いでしたけど、話を聞いてる親の私達はなぜかニヤニヤしてましたね(笑) 
あ~そういう風に考えたんだな~。人間並みになってきたな~って(^^ゞ 今まで結構「子供らには言っても分からないだろうから…」って説明しなかった事ってあったんですけど、これからは色々話さないとな~と思いました^^


*みゑこさん

息子が元凶だってのに確かに妙におかしかったですね(笑)
っていうか、いつもなんですよね~息子は。結構トラブルメーカーなんです(^^ゞ

年寄りはいつでも「わしらの若いときは~」です。
「知らん!」と何回言いそうになったか(笑) うちはまだ父親が現役で寄り合いとかに行ってくれてるのでその辺は楽なんですけど、逆に回りの視線が…(^^ゞ なぜか私はぐーたら息子だと思われてて「いつになったらあそこの息子は出てくるんや」って感じっぽいです。
本質的な地域社会って難しいなぁと思いますね。必要だけどわずらわしいし、みんな嫌なのにうわべで笑ってるのを見てると「革命が必要だ!」って思います。誰かしてくれないかなぁ(笑)

| chitose | 2006/03/03 10:55 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chitose.blog5.fc2.com/tb.php/317-f7ea4651

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。