PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぞうけいてん2006 と気になること

土曜日に行ってきました、保育園の「ぞうけいてん」

DSCFF111042.jpg

去年が予想以上の見ごたえだったもんで、今年はおばあちゃんも誘いました。

ちょっとその前に、来月にあるお泊り保育の説明会。
娘、真剣に聞いてそう。 で、あんまり聞いてなかった(笑)
DSCFF110974.jpg



さて説明会も終り、「ぞうけいてん」の方へ。

今年のテーマは「ジュラシックパーク」
DSCFF111005.jpg


クラスごとに種類の恐竜を作っていて、それを飾ってました。
が、どれがどのクラスか失念^^; その場ではちゃんと聞いてたのに、
2日経ったら忘れてしまいました><

というわけで、ずらっと並べてみまーす。



全て室内の薄暗い中に展示されていて雰囲気満点。が、写真が辛かった><
フラッシュ炊いちゃうと雰囲気ぶち壊しな写真量産しちゃうので、ブレを覚悟でノーフラッシュ撮影です!

プテラノドン。
これは何体かいました。大きさは羽含め1mくらい?
DSCFF110981.jpg

トリケラトプス。
これは2体。ちなみに襟巻きの部分は傘を広げた物で作ってました。
DSCFF110987.jpg

ステゴザウルス。
結構な大きさ。頭からしっぽまで大人の身長くらいはありました。
これが息子のクラスだったかな^^; あー、あやふやです><
DSCFF110995.jpg

あぁ、これなんだっけ?ブラキオサウルスだっけ;;
これも大きかったですよ~。設置してる高さだと、2mくらいあったかと。
DSCFF111002.jpg

これは娘のクラス。ティラノザウルス。
なかなかリアルです。パッと見、どっかのアトラクションで並んでても違和感無いかも(言い過ぎσ(^_^;))
DSCFF110984.jpg

目が光ったら余計不気味に
DSCFF111026.jpg


これは別の場所に展示されてた「サファリパーク」娘のクラスの作品です。
DSCFF111012.jpg

この白黒のが娘の作品。何かわかりますか?(笑)
DSCFF110979.jpg


今回もかなりの力作揃い。
工作過程も張り出されていて、すなおに「ほぉ~」っと感心してしまう作りでした。
かなり大掛かりで、派手な(=すっごい汚れる)製作工程をしっかりさせてくださってる園の先生方には今回も感謝感謝ですm(_ _)m
子供達も今回は去年以上に出来に自信があったらしくって、見に行く時もせかされました^^
今年度の行事は娘にとっては全てが最後の行事。しっかり楽しんでもらいたいですね~。
なのに、今日は昨日から熱出してお休み…。
このぞうけいてんでの作品をみんなで乗ったりして遊びながら解体予定だったのに、行けなかったんです;; 
今回の熱は私に原因がありそうで、すごい申し訳無い気分。。。これはまた次の記事で詳しく。

ちなみに息子は元気に登園してまーす。



ちと、愚痴になるんだけども。
こんなに素晴らしい催しをしてくださる園にはいつも感謝しっぱなしなんですけど、
これに対して文句を言ってる親御さんがいるんだって。
「行事に力入れすぎ」だとか、「見た目に拘りすぎ」だとか。
私には意味がわかりません。当の子供達はあんなに楽しそうなのに、なにが不満なんだか。
もしかしたら、そのご家庭のお子さんは楽しめてないのかも知れないけど、それを園に不満として出すのはどうかと。

秋にある運動会での鼓笛隊の担当楽器でも不満が出たみたいです。
楽器は先生が決めたんですけど、要するにひがみなんでしょうね。
他の行事でもそうなんでしょうけど、先生方も適当じゃなく、やっぱり出来る子には出来る事をって感じで配役しているようです。この時期の子供はできることの幅がほんとにその子その子で違うんで、どうしても出来る子と出来ない子が出てきちゃうんですよね。
そして、行事の催しはみんなで一つの事に取り組むわけだから、出来る事をやるってのは最低条件。
自然とクラスの中で”何でも出来る子”と”その他大勢”が出来ちゃうのは仕方ないと思う。
文句言ってる親御さんはそれを均等化しろと言ってるようで。一時期話題になってた、
運動会での順位付けの廃止に似たようなもんだと思う。
そんな、みんな同じ・平均化なんてして何がいいんだか。
それこそ伸びそうな才能を抑えることになるって思わないのかな?
足が速い子は運動会でヒーローになれば良いし、遅い子は努力すりゃいい。
違うところでヒーローになればそれも良いし。負けて悔しい思いもしたらいい。
鼓笛隊での一番かっこいい指揮者(隊の一番前でヒラヒラの棒を振る人・ドリルマスター)はやっぱりクラスでもなんでも出来る子が抜擢されてます。娘の話にも度々登場する、運動神経抜群の男の子。私はそれでいいと思うんだけどなぁ。
他の子でやりたい子も居たかもしれないけど、みんながみんな自分のしたいことを出来るわけじゃないんだしね。
担当になった楽器にその思いをぶつけりゃいいんだと思う。まぁ一番悔しがってるのは、案外文句言ってる親だったりするのかもしれないけど(笑)
ちなみに娘は大太鼓。娘自身は他の楽器が良かったらしいけど、それはそれ。
これはこれって感じで一生懸命練習してます。


他所の保育園では行事より、普段の英語や絵画に力を入れてるところもあるみたいだけど、私はそんな事より今の時期こそ、子供が楽しめる内容を優先してくれた方がいいし、出来る事を楽しめて、出来ない事を羨ましがって努力してがんばって。
そんな感じがいいなぁと思う。

今の風潮だとほんとに個性のない人間を量産しようとしているように思えてならないんですよね。


まぁ、個人の考え方なんでしょうけど。


関連するタグ :

| イベント・お出かけ | 13:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ ひゃー 凄い力作!
感動した!!←小泉さん風に 笑

=愚痴編=
僕はまだ学生だし、本当の所は何も知らないガキんちょだけど・・・
最近○鹿親が多いよねぇ;;

ってか担当楽器だって子供が(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌
と言った訳でもないだろうし。。。

>「行事に力入れすぎ」だとか、
>「見た目に拘りすぎ」だとか。
子供が一生懸命頑張る!ものを作製する!
って所にこそ小さいころの経験として意義があると思う!

| 陽炎 | 2006/07/31 14:03 | |

*陽炎さん

いや~ほんと力作揃いで見ごたえあったんですよ~。
子供達もちゃんとディスプレイしたのを見たのは当日だけなので、
とても喜んでました^^

色々書きましたけど、まぁ、私も他所の親から見れば馬○親なのかもしれませんが、なんていうか、楽しんでやってることに水さすのはやめてもらいたいと思うんですよね。そりゃ不満はあるだろうし、悔しい思いしてるお子さんもいるかもしれないけど、「みんなでいっしょに」って所を優先するならたいした問題でもないと思うんですよ。
もっと親も単純にかまえて、子供達といっしょに楽しめたらいいのになと思いますね。

| chitose | 2006/07/31 23:41 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chitose.blog5.fc2.com/tb.php/390-cfc289c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。