PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「マリと子犬の物語」見てきた

昨日に家族で見てきました~。
2004年に起きた新潟県中越地震での実際のエピソードを元に作られたようで。
やばいなーと思いつつ、やっぱり途中でうるっと来てしまいました^^;
涙もろい嫁さんは最初から最後まで泣き通し(笑) まぁ極端ですが…。

話自体が地震という他人事ではない内容なので、リアルに色々と考えさせられました。
途中でかなり泣かされるシーンもあって「あれが○○だったら…::」とか、ペット飼ってる人は思っちゃうんじゃないかな~と思います。

以下、感想ですが、ネタばれ的なことも含まれるかと思いますので、見る予定の方はスルーでよろしく。



震災だけじゃなくてどんな被害でもやっぱり優先されるのは人で、それは仕方ないし当たり前のことかも知れないけど、動物と暮らす人にとってはやっぱり家族なんですよね。
特に子供にとってはとても思い入れがあって、大人はある程度の妥協・あきらめを優先するものだと思う。
実際同じ状況だったら私も子供優先しちゃうと思うし、それが妥当だろうなと。
「動物を救った」という話は美談であって、まず人の安全が確保された後の話だもんね。

人々が避難した後のマリと子犬の様子を描いていたけど、確かにああいうのを見ると動物だって同じように必死で生きてるのを理解できるはず。
だけど、こういう映画を見に行こうって思うような人はもともと分かってる人だろうなとも思う^^;
自然災害だけじゃなくて戦争時でも同じで、自分達が安心な立場に居てこそ動物たちの無事も願えるし、祝福できるんじゃないか? 
人々が苦しい立場の時に本気で動物の心配をできる人がどれだけいるか? 
そういう「動物も同じ家族だ」と言い張る人に対して理解を示せる人がどれだけいるのか。
大抵非難の対象だろうね。 やっぱり自分(及び家族)の心配がなくなった所から理解が始まるんじゃないかと思う。

この映画は最終的にはマリと子犬が無事に避難所まで助け出されるというハッピーエンド。
輸送カーゴから降りてくるマリと子犬を避難している人達が大勢で祝福のお出迎え。
果たしてこれが現実の社会で当たり前のように起こるのだろうか?
出迎えた人々は山古志村の村民で、ある意味古き良き時代の日本の近所付き合いの典型のような人間関係だからこそではないのかな、と。
自分の家族を失った人が犬の生還に心から喜べるのかな、なんてしょっぱい事も考えてしまいました^^;
避難当初の食料が不足している環境下でもあの祝福が受けられるのだとしたら、とても理想的だし、「人間も捨てたもんじゃない」って思えるんだけどね。


否定的なことばかり書いてるけど、映画自体に文句があるわけではなく、あくまで「こういうことも考えちゃったよ」って事です。
エピソードも実際にあったことに基づいているので少なくともあの地震でのこの物語の結末は誰が見てもハッピーエンド。
あと、まったくもって個人的な事だけど、この映画を見ていた子供たちが泣いてくれた事が何よりもうれしかったかな。
7歳と5歳でまだまだのほほんとしているように思えてた子達もちゃんと「かわいそう」と思ってくれた事がよかったです。
帰宅後も色々話して同じ状況になっても「レオンちゃんも絶対助ける!」と言ってくれたことにまたまたぐっときてしまったり(笑)

でもやっぱり考えさせられますね。動物と暮らす以上、最低限の責任は自覚してるけど、安易に「大丈夫~」とは言えない厳しさも認識した気分です。


関連するタグ :

| 思うこと | 13:54 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私もぜったいに泣く、予告観ただけでもう駄目(笑)
なので観にいけないのですよー。
でも動物を飼ってる人にはとても身近な話ですよね。
そのときにはぜったいにミーシャをつれて避難所に行く!とは思ってても
中には歓迎しない人もいるだろうし、
(母親は自由に出来るように離した方がいいって言うしねー(>_<))
難しい問題です。

| machan | 2007/12/18 11:12 | |

*machanさん
泣くって分かってても見たい!と嫁さんは言ってました(笑)
案外まわりも泣いちゃってて平気かもしれませんよ~?
ほんとに難しい問題ですよね。実際キャリーに閉じ込めておく状態になっちゃうような気もするし。
気持ち的には一緒に避難が理想だけど…。
放しちゃうのも室内猫だと危ないですもんね。
でもストレスが強すぎる環境に留めておくのもかわいそうだし。

結局堂々巡りです;;

| chitose | 2007/12/18 19:01 | | ≫ EDIT

難しい問題ですね。映画のことで、考えさせられたchitoseさんの気持ちがわかる文章でした。お子様も映画から感じ取ったのであれば、とてもよい体験でしたね。うちは、プリキュア以外の映画、いつになったら見れるんだろう??意外とすぐだったりして。。。

| ちゃい | 2007/12/19 23:00 | | ≫ EDIT

*ちゃいさん
そうですね。同じ命だけど取捨選択しないといけない状況になりうると考えると怖いです。
そういう状況にならないのが一番ですが…。
プリキュアもいいじゃないですか^^
そういうの見てた時期もあったなーってすぐ思いますよ
(笑)

| chitose | 2007/12/20 15:12 | | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。